2014年7月17日木曜日

書類の山と格闘する上司

わたしの上司は捨てられない人間だ。
部署内でも有名な捨てられない人。

上司の机にはスペースが許す限りの書類タワーがある。
そして、上司専用の棚が椅子の後ろにある。当然、書類でいっぱい。


机の中は見たことがないので知らないが、多分、同じような状況だろう。

書類だけではなく飲んでいない缶コーヒー数本。
クリップや外したあとのホッチキスまである。

コーヒーカップは一度も洗ったことがないのだろうか。
内側がコーヒー色に染まっている。

回覧物はよく行方不明になり、書類タワーの中に埋もれているということはよくある。


立場上、職場の整理整頓を推進しないといけないらしく、会議などでは自虐的に整理整頓の話をしているので、一応、自分の机の上がどういう状態であるかという認識はあるのだろう。


先日、事情により場所を移動することになった。別のビルへ移動。
この書類をどうるのだろう?と思っていたら、、、全て自宅へ持ち帰ったらしい。

業者にお願いし、自宅の蔵(?)で保管中らしいのだ。
以前にも同じように移動になった際に書類整理に困り自宅へ持ち帰ったことがあるらしく、その業者曰く、「前回の書類がそのままの形で保管されていました。」とのこと。

移動時にはいつも空き段ボールを探しては、書類を詰めていた。
いつ終わるのだろうと思うくらいにいつもいつも作業をしていた。
書類が沸いて出てきてるんじゃないかってくらいに、次々に段ボールを運んでいた。

本人的には、これらは全て仕事をする上で必要な書類らしい。けど、家族は大変だろうな。蔵の中は紙くずでいっぱい。いずれは残された家族が全て処分しなきゃいけないのに、そんなことは考えたこともないのだろう。


書類を沢山集めて、情報を全て手に入れた気になっているのかもしれないが、集めたのは単なる紙だ。

書類の山と格闘している時間があったら、その時間を新たな情報収集に役立てた方がいいと思う。

2 件のコメント:

  1. はじめまして。
    どの記事も興味深く読ませて頂きました。まだ全部読んでいませんが、明日中には完読しそうです。
    文章の語り口も私のすきなドストライクです。
    リンクを貼らせて頂いてよろしいですか?

    返信削除
    返信
    1. はじめまして。お気に召していただけたようで、ありがとうございます。できるだけ更新していきたいと思っています。

      リンクの件、了解しました。よろしくお願いします。

      削除