2014年8月4日月曜日

ここ数日間、車のカギを探していた



メインで使う車のカギを失くしていた。

小物を収納する場所は一か所にしたから、そこ以外には考えられない。


いや、ひょっとして鞄の中か?3種類持っている鞄を何度となくひっくり返す。何度ひっくり返してもカギは出てこない。ひょっとしてと思い、時間をおいてそっとひっくり返してみるが、やはり出てくることはない。

間違えて冷蔵庫にでも入れたか?探してみるが、キンキンに冷えたカギが出てくることはない。

ズボンのポケットか?最近は丁寧に折りたたんでいるから、畳むときに気が付きそうなものだと思いながら、念のため探してみるが、ない。ポケットなどついてないTシャツも探してみるのだが、あるはずもない。

車の中か?そんなはずはない。車の中にカギを忘れてどうやってロックしたというのだ。

道に落としてしまったのだろうか?しれっと床に落ちているのだろうか?残念ながら、床に落ちているのは埃だけだ。

枕の下?テレビの裏?間違えてゴミと一緒に捨てたか?それともオークションの品と一緒に発送してしまったか?


これだけ探してもないということは、きっとどこかに落としたのだろう?道端で鞄をゴソゴソやっている隙に落としてしまったか。・・・諦めた。諦めた頃にしれっと見つかるはずだ。きっとそういうものなのだ。


そして、今朝、しれっと見つかった。会社のロッカーの中に入れていた手ぬぐいの間から、

   カラン、コロン・・・。

と何かが落ちた。カギだった。

完全に諦めていた。スペアのキーを作った方がいいかな。車売るときにマイナスだな。なんて現実的なことを考えながら、諦めていた。やはり諦めが肝心なのだ。

いや、私は諦めたふりをしていたのだ。そんな私にまんまと騙され、カギは自ら私の前に現れた。私の勝ちだ。

1 件のコメント:

  1. 今日の反省。家に帰ったら、鞄の中のモノは全て取り出し、定位置に保管することにした。これで昨日とは違う鞄にしたときも入れ忘れを防止できるかもしれない。

    返信削除